RECIPE

レシピ

スペアリブときのこの煮込み キャベツとソーセージ添え

  • 肉料理
  • 高モード
  • 10

材料
(3〜4人分)

  • スペアリブ約600g
  • にんにく1片
  • (A)マイタケ200g
  • (A)しめじ150g
  • (A)マッシュルーム100g
  • (A)赤ワイン150㏄
  • (A)塩小さじ1
  • キャベツ150g
  • ソーセージ6〜7本
  • 粗挽きこしょう少々
  • ピンクペッパー 少々

ポイント

きのこは小さく切りすぎない方が見映えがして歯ごたえも楽しめます。スペアリブはなるべく身がしっかりついたものを選びましょう。インスタントポットひとつでメインと付け合わせが同時に完成。

作り方

①「炒め物・中モード」に設定し(10-15分設定)、オリーブオイル大さじ2とつぶしたにんにくを入れる。HOTが表示されたら両面塩・粗挽きこしょうをしたスペアリブ入れて焼き色を付ける。

②(A)を加えて蓋をし、「肉料理/高モード」で10分加熱する。

③加熱後の保温を取り消し、ナチュラルリリースして、フロートバルブが完全に下がったら蓋を開ける。粗めに千切りにしたキャベツとソーセージを入れ、「炒め物/低モード」5分にセットし蓋をして軽く煮る。

④器に盛りつけソースをかけ、粗挽きこしょう、ピンクペッパーをお好みで散らす。

酒匂ひろ子
(さこう・ひろこ)
料理家、料理教室主催、フードコーディネーター。
外資系企業に10年間勤務。エコール辻・東京校フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業。
HIROKO’S KITCHEN主宰、食品衛生責任者資格取得。オーダーメイドのアイシングクッキーやバースデーケーキは可愛くて美味しいと口コミで人気が広がり好評。イベント出展、企業の商品レシピ開発、Web、雑誌などのフードスタイリングも手掛ける。外部講師、出張レッスンも行い幅広く活動。
料理教室では「習ったその日にすぐ作りたくなる!」をモットーに、手に入りやすい安全で身近な食材を使い、「作りやすいレシピ」と「カジュアルなおもてなしスタイル」をご提案。
インスタグラム:@hirokoskitchen