RECIPE

レシピ

ムール貝のレモングラス蒸し・タイスタイル スパイシーソース添え

  • 圧力調理
  • 高モード
  • 3

材料
(2人分)

  • ムール貝16個
  • レモングラス8本
  • パクチーの根1本
  • にんにく1本
  • 水(または鶏がらスープ)大さじ3
  • 小さじ1/2
  • 赤唐辛子2~3本
  • にんにく1片
  • 赤ピーマン1/4個
  • パクチーの根1本
  • ナムプラー大さじ1
  • レモン汁大さじ1・1/2
  • 少々
  • 砂糖大さじ1
  • パクチー(葉と茎)適宜

ポイント

風味豊かなレモングラスと蒸し煮にしたムール貝は爽やかでプリッとふっくら。ボタンひとつでおもてしなにもぴったりな一品に。スパイシーなソースを添えてタイスタイルでいただきます。辛いものが苦手な方はレモンをキュッと搾っても美味しいですよ。
*他の貝などを使っても美味しくいただけます。

作り方

①器にナムプラー、レモン汁、砂糖、塩を入れよく混ぜ、みじん切りにした赤唐辛子、にんにく、赤ピーマンパクチーの根を加え混ぜる。

②圧力鍋に水と塩を入れよく混ぜ、ムール貝はタワシなどでこすって汚れを落とし、レモングラスは4~5cm長さの斜め切りにし、にんにくとパクチーの根は包丁の腹などで軽く潰す。

③ムール貝、レモングラス、にんにく、パクチーの根を圧力鍋に入れ、蓋をして「圧力調理/高モード」で3分加熱する。

④加熱後保温を消し、クィックリリースしフロートバブルが完全に下がったら蓋を開け、器に盛りパクチーを飾り①を添える。
*こぶみかんの葉やカー、タイのバジルなどを加えても美味しく召し上げれます。

鈴木佳代子
(すずき・かよこ)
料理家・タイ料理研究家
フードコーディネーター
2000年より各国料理を学びながらフードコーディネーター専門校で学ぶ。
その後単身渡タイ。料理学校で学びながらタイ人料理研究家のアシスタントを務め、タイ各地をまわり地方料理を学び帰国。
料理学校、現地レストラン等で料理を学び帰国。
現在、料理家・タイ料理研究家、フードコーディネーターとして活動中。(各種イベント、講師、レシピ開発、執筆など)
またタイ現地での生活経験やタイ好きが高じてタイ関連のCoordinator業務、テレビ番組、VPなどの映像制作、イベント企画運営に携わる。タイの地方色豊かな家庭料理と自身大好きなお酒に合うつまみ料理が得意。