RECIPE

レシピ

ジャルコーエ/ロシア版ラタトゥイユ

  • 圧力調理
  • 低圧力
  • 中モード
  • 5

材料
(4人分)

  • 牛肩ロース肉(ブロック)300g
  • 玉ねぎ1個/200g
  • セロリ1本/150g
  • ズッキーニ1本/200g
  • パプリカ(赤・黄)各1/2個
  • なす2本/200g
  • トマト2個/約220~240g前後
  • (A)顆粒コンソメの素小さじ2
  • (A)ダシしょうゆ大さじ1
  • (A)白ワイン(辛口)50cc
  • (A)ローリエ1枚
  • オリーブオイル大さじ1
  • バター(無塩)10g
  • 塩、こしょう各少々
  • おろしにんにく小さじ1
  • ハーブのみじん切り大さじ2(ディル、イタリアンパセリ、セルフィーユなど合わせて)
  • 茹でた押し麦適量

ポイント

牛肉入りのロシア版ラタトゥイユです。ダシしょうゆを入れるので白いご飯にもピッタリで、パンやパスタ、その他の雑穀などお好みで合わせてください。牛肉は塩麹(大さじ2)に漬けて冷蔵庫で3時間以上はおいてください。肩ロース肉の他バラ肉やモモ肉でも良いです。ナチュラルリリースにすると野菜や肉の食感がさらに柔らかくなりますので、内圧の放出はお好みで変えてください。

作り方

①塩麹に漬けた牛肉は2cm角切り、玉ねぎは1cm角切り、セロリは葉も一緒に1cm幅に切る。ズッキーニは1cm幅の半月切り(小さいサイズの物は輪切り)、パプリカはヘタと種を取って2cm角切り、なすは乱切りにして水にさらし、アクぬきをして水気をふく。「炒め物・中モード」に設定し「HOT」が表示されたら、オリーブオイルとバターを入れて熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。トマト以外の野菜類を加えて炒め合わせて軽く塩、こしょうし、肉も加えて混ぜる。

②ヘタを取ってザク切りにしたトマトとaの調味料を加えてフタをし「圧力調理・低圧力・中モード」で5分加熱する。

③クイックリリースし、フローバブルが完全に下がったらフタを開け、おろしにんにくと刻んだハーブを加えて混ぜる。塩で調味して器に盛り、茹でた押し麦を添えて一緒にいただく。

★押し麦の茹で方
たっぷりの水と一緒に鍋に入れ、火にかける。 沸騰したら塩を加え、好みの硬さまで茹でてザルにあげる。 流水でよく洗い、ぬめりを取る。

長友幸容
(ながとも・さちよ)
大阪府出身
料理家、フードクリエイター、スパイスクッキングアドバイザー
料理上手な母親の影響で、幼少の頃より料理好き。パリ在住時に多国籍の食文化に刺激を受け、帰国後、2001年より自宅で料理教室『ル・プティポワソン』を開催。「簡単なのにお洒落で美味しい」をモットーに、身近な食材を使った家庭で再現しやすいレシピに定評がある。お酒に合う料理を得意とし、ワインセミナーや花と食のコラボレッスン、雑誌やWeb媒体、企業向けのレシピ考案なども手がける。