RECIPE

レシピ

牛すじと根菜の韓国風煮込み

  • 肉料理
  • 高モード
  • 6
  • 圧力調理
  • 高モード
  • 6
  • 炒めもの
  • 低モード
  • 15

材料
(3〜4人分)

  • 牛すじ400g
  • こんにゃく小1枚(約200g)
  • 小さじ1
  • 適宜
  • ネギの青い部分あれば20cmほど
  • ごぼう1本(150g)
  • 大根300g
  • (A)酒50ml
  • (A)水300ml
  • (A)コチュジャン 40g
  • (A)醤油大さじ2
  • (A)はちみつ大さじ2
  • (A)酢大さじ1
  • (A)韓国産粗挽き唐辛子大さじ1/2
  • (A)しょうがスライス15g

ポイント

牛すじを柔らかく圧力モードで炊くのと同時にこんにゃくのアク抜きもします。時間のかかる大根やごぼうもスイッチ短時間の加熱でやわらか。最後は炒めモードで軽く煮つめてできあがりです。

作り方

①牛すじは大きめの一口大に切り、塩をふって20分おく。こんにゃくも一口大にちぎる。

②大根は厚めに皮をむき乱切り。ごぼうも4,5cm長さの乱切り。

③牛すじとこんにゃく、ねぎの青い部分を鍋に入れ、MAXのメモリまで水を入れ、「肉料理/高モード」で10分加熱する。

④クイックリリースし、フロートバブルが下がったら蓋をあけ、ざるにあけ、ネギは除く。

⑤鍋を洗い、④を戻し入れ、大根、ごぼうとAを入れさっと混ぜ、「圧力調理/高モード」で6分加熱する。クイックリリースして蓋を外し、「炒めもの/低モード」で15分ほど煮つめる。冷めながら味が染みこむので保温機能でしばらくおくと美味しくなります。

神田賀子
(かんだ・かこ)
日本料理、イタリア料理、中華料理、薬膳など幅広く学び、現在、和の家庭料理を主体にした少人数制の料理教室「和み継ぐ神田賀子の和の家庭料理」を東京・港区で主宰。初心者からベテランの方まで、日本の四季折々を家庭の美味としてお伝えしています。
レシピ開発、食のプロモーション、レストランの業態開発を手がける株式会社のいきっちん共同代表。
ELLE gourmetフードクリエーター部。⽇本料理教授/JSA認定ソムリエ。
Instagram:kacokanda
HP:www.kacokanda.com
(株)のいきっちん:www.noikitchen.com